治療を知られたくない

歯科矯正

歯並び治す習慣があまりなかった日本ですが、ここ最近では歯並びを綺麗にする人が増えて来ています。歯並びが悪いことが健康にも悪いと言うことが知れ渡ったことも朗報となっていますが、歯並びが悪いことで印象も良くないことが知れ渡って来たことも要因と考えられます。八重歯が可愛いと言われてもホンの一時的なことであり、その人の人生を考えると決して良いことではないと理解される時代にもなって来たことが、歯の矯正に対する考え方が変わったと思われます。イザ歯の矯正を行うとなった時、悩むことになるのが矯正の方法です。一般的方法では、歯の前側に金属のブラケットを装着し、ワイヤーを利用して歯の位置を修正する方法で、矯正していることが誰にもすぐに判ってしまうことになる上、見かけも良くない方法になります。そのため思春期を迎えたお子さんとか、接客をする必要がある女性にとっては、避けたい治療方法になってしまいます。目立たない治療を望む人が多くなった訳ではありませんが、矯正治療では治療を受けていることが知れない方法が行われるようになりました。それが裏側治療だけにブラケットを使う方であり、マウスピースを使った治療となっているのでした。

歯の裏側とかマウスピースを咥える方法

歯科矯正

目立たない方法である裏側矯正は、リンガル法とか舌側矯正と言われるものになります。歯の全面に出さず裏側だけに設置することになるブラケットは、サイズが小さくなり、薄型となることで突起部分が少なくなっています。これを小さくすることで、舌に当たるとか歯肉への影響を少しでも避けることで、炎症を少なくすることに努めます。この裏側矯正にはメリットデメリットが共存し、装置が邪魔に感じデメメリットと目立たないメリットが生まれます。またこの矯正の他にもマウスピース型の方法が人気となっています。ほぼ透明なマウスピースを咥えること歯の矯正が出来ると言う非常に便利な方法です。一日19時間から20時間ほど咥える必要がありますが、自分自身で好きに外すことも可能となっています。歯を磨く時などは外すことが出来、マウスピースも綺麗に掃除すえることが可能な上、自分自身の歯も綺麗に清掃出来る良さがあります。このマウスピースを咥える方法も、他人に知られづらく働く人にとっては、とても嬉しい方法となっています。特に接客を主とする仕事をする人には、適した治療方法と言えることになると思われます。

広告募集中